教育方針

建学の精神
明るくのびのび
ひまわりのように
元気よく
~豊かに生きる力を育む
- ここには感動がある~
 
目標とする子ども像
①楽しく遊び丈夫な子ども
②創造性豊かで、探究心をもって挑戦しようとする子ども
③責任をもって、仲間同士協力しようとする子ども
④自ら進んであいさつをする子ども
⑤約束や決まり事がわかって、他人に迷惑をかけないように努力する子ども
⑥思いやりがあり、優しく手を差し伸べる子ども
 
教育方針
①子ども達一人一人の個性を尊重し心身の発達に応じた教育と生きる力を育むことを基本におき知的好奇心、創造するよろこび、感動を大切にします。
②身近な自然や社会の事象に直接ふれる環境を整えます。また、親と子がともに楽しく過ごす幼稚園をめざします。
③幼児教育施設としての特質を生かした文化行事、講演会などを通して地域・家庭の幼児教育センターの役割を果たします。
 
教育理念
一人一人の子どもの個性を大切にしながら、豊かに生きる力を育む
 
教育目標
①健康な生活習慣を身につける
幼児期は正しい生活習慣を身につける時期です。特に健康で安全な習慣をつけるように気を配ることが大切です。桃花台ひまわり幼稚園は子ども達がのびのび元気に、楽しくあそび、生活できる健康な環境づくりを進めています。

②人間関係の基礎を築く
友達と楽しく遊び、お互いを認め合うこと、そして地域の人々と触れ合い、社会のルールを学ぶことを大切にしています。

③生命の尊さに気づく
子ども達を取り巻く環境の中で小動物の飼育や花、野菜づくりを通じて、自然や生命の尊さが実感できる環境づくりを大切にします。

④文字や言葉の魅力を知る
字や言葉についての表現力を育てるとともに、自分の気持ちを素直に伝えることを大切にしています。

⑤自己表現の感動を味わう
絵も、歌も、楽器も、気持ちが膨らんでくれば、すばらしい感動が生まれます。子ども達の自発的な意欲を大切にしています。

平成30年度より幼稚園教育要領が改訂施行されました。
新しい幼稚園教育要領に基づいて作成した
桃花台ひまわり幼稚園のグランドデザインです。
子ども達が豊かな経験・体験・環境に触れる中で、
主体的・対話的で深い学びにつながることで
知識及び技能の基礎、
思考力、判断力、表現力等の基礎、
学びに向かう力、人間性等の
育ちに結びつきます。
また、幼児期の終わりまでに育ってほしい姿としては、
以下の10の姿が挙げられているので、
その姿を大切に捉えていきたいと思います。
園と家庭と地域が協力しながら、
子ども達の豊かな育ちを支えていきたいと思います。

コメントは停止中です。