活動記録一覧

  • 抹茶の味はどうだったかな(お作法 年長組)

    2022年01月24日

    年長さんになってから始まったお作法の時間も、今日が終わり、あとは2月に1回、そして3月3日にはお家の方をお招きしてのお茶会という集大成を迎えます。今までは、実際にはお茶が入っていない茶碗で入っているかのように練習してみたりしていましたが、今日は、いよいよ本格的に茶筅を使ってお茶をたてていくことに進んでいました。

    朝は、みんな、こんな顔をして遊んでいたのですが~~~

    いざ、お作法の時間が始まると自然と背筋ピン、おしとやかに変身(講師の今井先生はとても優しいので緊張のピンではなく、今は真剣にやる時だって子ども自身がわかっているとこがさすが年長さん)。

    まずはお菓子を運びます。落とさないようにと、そ~っと歩いていきます。

    お菓子がのっている懐紙は毎月、季節を感じる絵がついてるのでこれも楽しみ。今回は・・・

    寅年にちなんで、虎の絵になっていました。
    お菓子を「ちょうだいいたします。」したら、次はお茶を点てる準備です。
    抹茶が入っている茶碗と茶筅をそ~っと運びます。

    茶筅の使い方や持ち方のお話をしっかり聞いていますね。初めてやってみることって子どもたちはわくわく。そして年長さんになったからできるんだという自信も感じます。

    シャカシャカと茶筅を動かしていきます。そして最後は「の」という字を描くようにして茶筅を立てて置きましょう。みんな、「の」をとても忠実に真剣に描いてましたよ。

    抹茶をいただく時には、ズズズ~~っと音をたてながら飲むということを先生から聞いたので、子どもたちも、かわいくズズズ~~。自分で点てた抹茶、みんな美味しかったのか、飲む終わった顔がニコッ。

    そろってのおじぎの姿もきれいですね。

    2月にもう一度、今まで教えていただいてきたことを復習し、そして3月のお茶会を迎えます。お家の方においしい抹茶を点ててあげてくださいね。

     

    そして今日も発表会で披露する踊りや歌の曲が聞こえたりもしていましたが、練習ばっかりしてるんじゃないよ~~。造形展が終わったからって、廃材遊びは終わったんじゃないよ~~。子どもたちは行事に向かってというばかりじゃなく、いつでも創作意欲ありあり。

    年少さんも、牛乳パックや空き箱を見つけて、はさみで切ったり、のりを使ったり、クレパスで描いてみたりと、どんどん頭の中で構想が広がっていっているのがわかります。すごいなあ。

    こんな大作も! 「ピタゴラスイッチだよ!」 玉をころがして最後はペットボトルの中にポトンという仕組み。すごいなあ。

    事務所前の遊びのスペースにある、小さな小さなパーツのラキューブロックも、満3歳さんや年少さんには、

    「いちごジュースできたよ!」「何ジュースがいいですか?」 と、いった使い方になってたり。まあ、それもいいか~。

    お休みしたら発表会の練習が遅れてしまうのでは~と心配しがちですが、子どもたちの吸収力はすごいのでそちらの心配は無用で、体調が少しでも悪い時にはゆっくり体を休めて様子をみてください。結果的には無理をせずに早めに体を休めた方が回復も早かったりするものです。1人1人が気を付けながら引き続き、コロナウィルス感染を予防していきましょう。

  • 発表会に向けて、始まってますね。楽しくやっていこうね!

    2022年01月21日

    幼稚園の各お部屋から、いろいろな音楽や楽器の音色が聞こえてきます。それを聞きながら、生活発表会の季節か~~と感じる日々になります。踊りの曲や合唱の歌、楽器の音色、全てが心地よく聞こえてきます。

    おしりをフリフリ、横向いて足をチョン など、年少さんも踊りを練習中です。今までも、幼稚園では、初めての〇〇だった年少さん。今度は初めての生活発表会ですね。きっと、子どもたちにとっては練習というよりは、音楽に合わせて踊る楽しい遊びという感覚なのか、とても楽しそうにやっていました。 そうです、練習練習ではなく、楽しく楽しくですよ。

    踊りの発表が終わった後は、みんなでお客様にフィナーレでご挨拶。そうそう、お友だちと手をつないで舞台に出てくるんだよ~。さあ、本番の大舞台ではどうなるかな~。

    ♬ シャン シャン シャン ♪  鈴の音も幼稚園中、よく響いていましたよ。

     

    おっ、並んで立っているだけでもカッコよさが伝わってくるのは、年長さん。年少さんの初めての発表会とは違い、年長さんにとっては、幼稚園での最後の発表会になります。どの子もみんな1人1人がそれぞれ力を持っている子ばかりです、その1人1人がみんな力を合わせれば、きっと心に残る発表会ができると思いますよ。みんな、自信を持っていこう!

    「やれば できる!」 ですね。

     

    と、そんな時季でも、発表会のことばっかりでは、いっくら楽しくても、遊びたい~~! よーし! 寒さになんて負けずに遊ぼう!

    なわとび遊びも、この時季だなあと感じる遊びです。 地道にピョンピョンしている子が日に日に上達しているのが分かるんですよ。すごいなあ。


    砂場の屋台の屋根の上には、こんなに。100人のっても大丈夫~なCMのようですねえ。この屋根にも年少さんの頃にはなかなかうまく登れなかったのが、今ではひょいひょいっと。大きくなったね。

     

    何事もですが、子どもたちの中には、運動は好きだけど、踊りはちょっと・・・音楽はちょっと・・・な子もいるかもしれません。大人でもそうなので。その中でも、みんなでやることの楽しさを感じたり、少しでも、「あっ、苦手だったけど・・ちょっと楽しいかも。」なんて感じてくれるといいなと思っています。 何でも、笑顔が1番です。 楽しく進めていきたいです。 そのためには、元気でいないといけませんよ。規則正しい生活をして、手洗い・うがいも続けていきましょうね。

     

  • これも寒い日にいいですね。 お・で・ん !

    2022年01月20日

    まだまだ冬本番ですね。毎日、寒い日が続いています。でも、昨日がマラソン大会でよかった~、一昨日はもっと寒かったし、今日は天気はいいけど風が強かったので、やっぱり昨日はマラソン大会日和でしたね。マラソン大会の疲れなんてなんのそのな様子の子どもたち。

    ボールを追いかけて走り回るサッカーも体を温めるにはいいですね。あれ? サッカーボールとは思えない大きさのボールでサッカーをしている子も。おもしろい~。


    にこっ。 楽しいね!

    こっちでも、にこっ。 楽しいね!

    今日も年少さんが、「なわとび、見ててね。」


    見てるよ~。 でも、どんどんと遠くに進んでいってますよ。と、可愛いなわとび。

     

    遊んでいるうちに体はポカポカしてはきましたが、今日のお給食がまたまたこんな寒い日にぴったりな、「おでん」でした。おでんもきっとご家庭によっていろいろな味付けやいろいろな具材が入っているのでしょうね。幼稚園では、愛知県民っぽく、「みそおでん」の味付けになっていましたよ。


    甘めの味付けで子どもたちも、こんにゃくをパク、里芋をパク、はんぺんをパクと次々に口に運んでいました。慌てて食べると、口のまわりにみそが付いちゃっていたり。
    満3歳児クラスのあさがお組さんも、おいしそうに食べていましたよ。

    そして今日は特別に給食の時間にテレビがついていました。それは、ケーブルテレビで幼稚園でおもちつきをした様子がその時間に放送されていたのでみんなで見ていたのです。テレビに映る自分たちの様子に、どのお部屋からも笑いがおきていました。

    明日は、もう金曜日です。 今週は寒さの厳しい1週間でしたね。これからも、寒さに負けず・コロナにも負けずにこの冬を乗り切っていきましょう。そのためには、基本の手洗い・うがいを丁寧にしっかりと続けていきます。そして、引き続き、ご家庭でもご家族、お子様の様子を見ていただき体調の変化がありました時には早めの診察、治療をしていただき、ゆっくり体を休めるなどご協力をお願いいたします。